家族信託、相続対策、相続放棄、遺産整理のことなら、福岡市中央区の福岡家族信託相談サポートにご相談ください。

福岡家族信託相談サポート

〒810-0074  福岡市中央区大手門二丁目1番16号小川屋ビル4F
運営事務所:司法書士法人オフィスフラット 行政書士オフィスフラット

0120-80-8864

営業時間

9:00~18:00(日祝を除く)

相続に関するご相談はこちら

遺言Q&A

せっかく作成した遺言も無効に?!

遺言のルールは民法に定められています。原則、ルール違反の遺言は効力がありません。したがって、家族のためにせっかく考えて作った遺言も無効になる可能性があります。

遺言を作成するときは、是非みんなの相続@福岡にご相談ください。

一度作った遺言の内容を変更できますか?

変更することができます。

遺言者の最終意思を尊重する趣旨から、遺言者は、いつでもその遺言を撤回したり変更したりすることが出来ます。公正証書遺言を自筆証書遺言で変更・取消しすることも出来ます。

自筆証書遺言の作り方を教えてください

必ず手書きでボールペンで作成しましょう。

遺言者が、遺言書の全文・日付及び氏名を自書しこれに押印します。日付は正確に記載しないと、遺言が、無効になります。押印は、なるべく実印で行いましょう。 

秘密保持のため遺言書は封筒に入れて封印しましょう。自筆証書遺言は、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所に申し出て「検認」の手続きを受ける必要があります。

遺言を訂正したいときは?

訂正はできますが、訂正方法には注意が必要です

訂正の仕方を誤ると訂正の効力が生じません。最悪の場合遺言全部が無効となりかねませんので、新たに遺言書を作り直すことをお勧めします。

遺言は誰でも作成できますか?

15歳以上であれば作成できます。

民法は満15歳以上の者が遺言をすることができると規定しています。よって、15歳以上であれば未成年者でも遺言をすることができ、成年被後見人でも遺言をすることが出来ます。ただし、成年被後見人が遺言をするには医師2名以上の立会いが必要です。なお、遺言をする時の能力は遺言をする時に必要ですから正常な精神状態で遺言した者がその後心神喪失状態になって死亡しても遺言は有効です。

公正証書に必要な書類は?

公証役場と事前に打ち合わせを行います。

主な必要書類は下記の通りです。公証役場と事前に打ち合わせをし、必要書類を確認しましょう。

(1) 本人の実印と印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)

(2) 戸籍謄本(遺言者と相続人の続柄がわかるもの)

(3) 財産をもらう人の住民票(相続人以外の人に遺贈する場合)

(4) 土地・建物の登記簿謄本・固定資産評価証明書

(5) 証人の住民票等

遺言書を発見した場合はどうすればいいの?

原則、家庭裁判所での「検認」が必要です。

公正証書による遺言でない場合、遅滞なく家庭裁判所にその遺言書を持って行き、検認の申立をしなければなりません。 

これは相続人に対して遺言の存在と内容を知らせると同時に、遺言書の偽造・変造を防ぎ保存を確実にするためです。したがって、この検認手続きを経ても遺言が有効であると判断されるものではありません。なお、検認の申立をしなかったり故意に遺言書を開封したりすると5万円以下の過料に処せられます。

パソコンで自筆証書遺言を作成できますか?

パソコンで作成した自筆証書遺言は無効です。

自筆証書遺言では遺言書の全文、日付、氏名を遺言者が自ら手書きで書くことになっており、パソコンで書いた遺言は遺言として有効な遺言とはなりません。

亡くなった母が公正証書遺言を書いてたみたいです。調べつ方法はありますか?

公証役場へ照会しましょう。

被相続人の戸籍謄本、相続人や受遺者であることの証明書、身分証明となる運転免許証等持参して、最寄りの公証役場に行って照会をしましょう。

夫婦で子供達のために遺言を残したいのですが。

各自一部ずつ作成してください。

夫婦が一緒に遺言をすることは自由な遺言が出来ない、又撤回の自由を妨げる等の理由で禁止されています(民法975条)。

遺言の保管方法を教えてください。

貸金庫等を利用しましょう。

相続人がご自身で保管するケースが多いです。最近は貸金庫を利用する人も多いようです。ただし、ご自身で保管される場合は相続時に遺言の発見が難しくなります。したがって、利害関係を持たない公平な信頼できる第三者の人に事情を話して遺言書の保管を頼み、死亡時に相続人等に開示してもらうのがいいでしょう。

 遺言に関するお悩みは、福岡遺言相談サポート(司法書士・行政書士オフィスフラット)までお気軽にご相談ください。

☆☆LINEで気軽に相談☆☆

福岡家族信託相談サポートのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お客様からのご要望にお応えし、LINEを利用したサービスをはじめました。

よくあるご質問
  • 認知症対策をしておきたい
  • 相続税対策で生前贈与をしたい
  • 家族がもめないように遺言を作っておきたい

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
下記IDを入力し、お名前と相談内容を送信してください。

   LINE ID:@czh4447h

LINE受付時間:24時間相談受付中

お問合せはこちら

家族信託(民事信託)・相続手続きに関するご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

福岡家族信託相談サポート

(運営:司法書士法人オフィスフラット、行政書士オフィスフラット)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-808864

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

家族信託の窓口はこちら

お問合せはお気軽に

0120-80-8864

相続に関するご相談は、福岡家族信託相談サポート

お客さまの声

迅速な手続きに感謝

太宰府市のキヨカワ様
父から相続したマンションですが、売却が決まり1ヶ月以内に引き渡さなければなりませんでした。そんな、難しい要望にもきちんと対応していただき、無事不動産の売却ができました。

遠隔地の
不動産にも対応

福岡市イトウ様
父がなくなり、熊本の土地を相続しました。父はずっと熊本に住んでいたため、役所関係の書類も熊本の役所から取り寄せをしないといけないとのことでしたが、みんなの相続@福岡さんに依頼して、全てお任せすることができました。ありがとうございました。

事務所案内

 代表司法書士 
多伊良 壮平

家族信託・相続に関するご相談は、福岡家族信託相談サポートにお任せください。

福岡家族信託相談サポート
司法書士・行政書士
オフィスフラット

0120-80-8864

住所

〒810‐0074
福岡市中央区大手門2‐1‐16